2010年1月アーカイブ

もう2010年に入ってからだいぶ経ちましたが、昨年の1月に書いた2009年のソーシャルメディアマーケティング予想の2010年版です。


1.検索の変化

各種ソーシャルメディアのデータが検索に反映されることで、検索の仕組みが大きく変わります。これによってユーザーの行動様式が大きく変わるため、それにスムーズに対応できた企業が大きく露出を増やすことになります。

行動履歴、位置情報、リアルタイム、ソーシャルグラフ、がキーワードです。


・行動履歴

検索したユーザーがソーシャルメディア内で前後にどのようなページを見ていたか、
その記事を投稿したユーザーが前後にどのような投稿をしていたかによって検索結果が
変わります。これによって情報のコンテキストが重視されるようになります。


・位置情報

どこで検索されたか、どこで情報が投稿されたかが検索結果に反映されます。今まではどこで検索されたかを元にしてユーザーにあった検索結果を見せるというのが多かったのですが、Twitterが位置情報APIを公開するなどしているため、今後はどこで投稿された情報なのかが重要になってくるでしょう。

Twitterが位置情報APIを有効に。Twitter.comサイトではまだ。


・ソーシャルグラフ

検索したユーザーが誰とつながっているかによって検索結果が変わるようになります。
また、ユーザー同士のつながりからユーザーのオーソリティーをチェックして、信頼性の高いユーザーによる投稿が検索にヒットしやすくなります。現在のSEOと同じようなリンクポピュラリティーの概念がサイトでなく人を基準にして導入されます。

GoogleのTwitterリアルタイム検索の順位はフォロワー数で決まる ? リンク数で決まるPageRankに酷似


・リアルタイム

TwitterやFacebookにポストされた情報がリアルタイムでGoogleの検索結果に反映されるようになります。Googleが通常の検索結果と同時にリアルタイムでの結果を表示させます。

時間軸だけだとスパムに完全に操作されてしまうため、ソーシャルグラフの仕組みが整ってからでないとうまくいかないかもしれません。

リアルタイム検索での時間軸以外の重みづけの方法





2.ソーシャルアプリをマーケティングに使うことが一般的に

現在は課金やSNSからのインプレッション収益を前提にしてソーシャルアプリを作っているケースがほとんどですが、アプリの増加と一般化によって、アプリだけでマネタイズするのではなく、ブランディングやマインドシェア増加のための手段として使われるようになります。一時期流行ったブログパーツなどと同じように今年中に盛り上がると思います。

参考事例
米スターバックスがFacebookアプリでアイスクリーム1個無料のキャンペーンを実施

「友達削除してハンバーガーをもらおう」キャンペーン





3.カスタマーサポート、CRMのためにソーシャルメディアが活用されるようになる


カスタマーサポートやユーザーとの継続的な連絡のためにソーシャルメディアが活用されるようになります。データの一部をウェブに公開していくことで、情報が蓄積されていき

  • 問い合わせを減らす
  • 面で検索エンジンから人を集める
  • ロイヤリティの向上

などを期待できます。


この分野ではセールスフォースが進んでいる印象ですが、セールスフォースを導入するまでは至らない規模の会社向けのツールも多数出てくると思います。

セールスフォース、TwitterやFacebookを活用したサービスを続々と発表


ツールの例
UserVoice
ユーザーの意見を集めるページを作成

Followbase
Twitterでカスタマーサポートを効率的に行うためのプラットフォームを作ろうとしているサイト






4.多くの事例で担当者のパーソナリティーや能力が成否を分けるため、属人性が高まる

現状だとプランニングできる人が少ないうえに、コミュニケーションの方法はどうしても個人の主観で判断する部分が多くなるので、属人性が高まって汎用性がない状態になると思います。個人のキャラを出したほうがいいケースのほうが多いと思うので、どうバランスを取るかはキャンペーン設計者次第です。






5.サイト間の情報のやり取りが盛んになる

Mixi、モバゲー、GreeなどでTwitterやFacebookのように、外部の情報を取りこんでアプリで表示させることができることを活かして、他サイトの情報と連動できるようになってサイト間で情報がスムーズに共有されるようになり、ユーザーは1つのプラットフォームだけで用事を済ませることが容易になります。

さらに複数のプラットフォームに同時にアプリを提供できるようになるため、開発側は今まで以上に開発に予算をさくことができるようになります。

大規模なプラットフォームを上手く活用することがキャンペーン設計上必須になるでしょう。






6.オフラインとの連携

位置ゲーやARなどによってリアルと連動させる事例が増えているみたいですが、今後ますます増えていきそうです。地名をデータベースに入れたメディアを運営している企業はデータを積極的に提供することでサイトのトラフィックを増やすことができます。


位置ゲー

コロプラまちつく!
ケータイ国盗り合戦
foursquare
Gowalla
Mytown

AR

Sekai Camera
Layar


参考事例
位置ゲー「コロプラ」、提携店舗に月1万人以上のユーザーが来訪--提携先も拡大

チラシサイト「Shufoo!」、店に近づくとケータイにチラシ情報をお知らせ






7.デバイスの多様化

iPhoneとAndroidやWindows Mobile携帯の普及によって、複数のデバイスを横断して使えるようにすることが求められる年になります。予算に制限がある場合にはターゲットがどのようなデバイスを使っているのかを調査して、どこに工数を割くのかを選ぶことになります。






8.レコメンドが行動履歴からソーシャルグラフへさらにシフト

レコメンドが行動履歴による協調フィルタリングで推薦する方法から、ユーザー同士のつながりを元にした方法に変化します。これによって影響力の大きいユーザーの購買へ与える影響はさらに強くなると思われます。





9.ソーシャルメディアポリシー、ガイドラインを策定する企業の増加

特定の担当者だけでなく、広く従業員にソーシャルメディアの利用を推奨・許可する場合には、ソーシャルメディアを使うときの考え方や注意事項を共有するための、ポリシー、ガイドラインなどの設定することが一般的になりつつあります。日本でも少しずつ広がっていくでしょう。


以下ですでに大企業で導入されているポリシーがまとめられていますので、これから作るという方は参考までにどうぞ。

Online Database of Social Media Policies






編集コメント


yteppei
iPhoneやAndroidがこれまでよりもさらに密に関わってきそうですね


毛塚
今年はmixi、gree、モバゲーなどのアプリのプラットフォームの動きと、位置情報とソーシャルグラフの連動に注目しています

マクドナルドがTwitterを活用してキャンペーンをしています。お題が掲載されていて、それにTwitterで回答します。優秀な回答をしたユーザーには非売品のBig Americaマックカード2,000円分がプレゼントされるそうです。企画運営はアジャイルメディア・ネットワークさんのようです。

勝手に全米選手権!

bigamerica.jpg

どれくらい広まっているのか

すでに350件ほど投稿されています。
RTや他で話題になっているものも含めるとこれの倍以上はポストされているのではないでしょうか。さらにそれを閲覧した人を含めると合計その数倍はいると思います。


1月20日17:14 追記
公式アカウントによるとすでに投稿数が1,000件を超えたそうです
ビッグアメリカ 勝手に全米選手権 (bigamerica) on Twitter



参考になる工夫

Twitterのアカウントを持っていない人でもキャンペーン投稿フォームから呟けるようにしているのはいいなと思いました。このようにまだ該当のソーシャルメディアに入っていない人にも間口を広げていくことは今後常に検討したほうがいいですね。

このキャンペーンは「こんな○○はいやだ」 というすでにTwitterで多くの人が使ったことがあるフォーマットにうまく乗っかることで、より多くの人が参加しやすくなったと思います。

「こんなサンタは嫌だ」ふぁぼられランキング - さまざまなめりっと - はてなグループ::ついったー部

ねとらぼ:こんなセンター試験は嫌だ――"センター試験大喜利"がTwitterで盛り上がる - ITmedia News



マクドナルドは積極的にソーシャルメディアを活用中

米マクドナルドではTwitterに結構力を入れているようで、公式アカウントはもちろんTwitterに投稿するチームまでいるみたいです。
McDonald's (McDonalds) on Twitter

@McDonalds Twitter Contacts - About McDonald's


最近だと映画アバターとのタイアップによるTwitterを活用したキャンペーンなども行っていたようです。
ニテンイチリュウ : McDonalds x Avatar :: ARG + AR ◎映画「アバター」と提携

マクドナルドがキャンペーン発表 - プレスリリース




各編集コメント

yteppei
これまでも、ユーザーからの自然発生で多くの「お題」が出てきました。それが企業発信になるとどうなるのか、ちょっと注目したいです

毛塚
商品と直接的に関係のないトピックで話題を広げて露出を高めるという手法なので、キャンペーン提供側が用意した@bigamericaや#bigamerica がついていないところでどれだけ話題になっているかもチェックしてみたいと思います

久しぶりの更新がこの記事となり、大変恐縮ですがお知らせです。

これまで毛塚智彦が1人で更新してきたソーシャルメディアマーケティング(SMM).jpですが、新たに執筆者を加えて運営していくこととなりました。

と、前置きはこれくらいにして...。
初めまして、本ブログの執筆者の1人となりましたyteppeiです。

以前からこのブログを購読しており、同時に毛塚智彦のtwitterアカウントtomohiko11をチェックしていたところ、年末に以下のようなtweetを目にしました。

tomohiko11ブログを一緒に更新してくれる人をブログで募集してみよう。1人でやってるとサボるのでお互い監視する感じで

「...これは!」と思い手を挙げたところ、今回の更新体制変更に至るまでとなりました。

これからお互い監視の目を光らせつつ、徐々に注目を浴びるようになってきたソーシャルメディアマーケティングについて書いていこうと思っております。

よろしくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja

連絡先

info あっとまーく socialmediamarketing.jp


track feed SMM.jp